水虫/爪水虫

  • HOME>
  • 水虫/爪水虫

水虫・爪水虫とは?

水虫は、足の皮膚に発生する真菌(カビ)感染症です。一般的に足の指の間に発症しやすいですが、足の裏や爪(爪水虫)にも感染します。
爪水虫は、爪が厚くなり、色が変わり、時には痛みを伴うことがあります。

水虫・爪水虫の原因

水虫は、暖かく湿った環境を好む真菌が原因で発生します。共用の浴室やプール、靴の中などの湿度が高い環境が感染の温床となります。

爪水虫は、水虫が爪に感染して進行した状態です。

こんな症状でお困りではありませんか?

  • 足の指の間の皮膚が白くふやける
  • 足の指に強いかゆみを感じる
  • 爪が厚くなり、色が変わる
  • 爪がもろくなり、割れやすくなる
  • 足や爪から不快な臭いがする
  • 足の皮膚にひび割れや小さな傷ができる

など

このような症状でお困りでしたら、西宮市の甲子園駅前おおした皮フ科クリニックへご相談ください。

水虫・爪水虫の治療

水虫の治療には、抗真菌薬を含む塗り薬や飲み薬が用いられます。

爪水虫の場合は、塗り薬の他に飲み薬が効果的な場合が多く、症状に応じて最適な治療方法を選択します。

水虫・爪水虫の再発防止のために

水虫や爪水虫を完治させ、再発を防ぐためには、医師の指示に従ってきちんと塗り薬や飲み薬を使用することが大事です。

症状が軽快したからといって自己判断で治療を中断すると、菌が角質内に残ったままで、再発したり、悪化したりする恐れがあります。症状が改善しても、指示された期間はきちんとお薬を続けましょう。

WEB予約

お電話

お問い合わせ

Instagram

Twitter