円形脱毛症

  • HOME>
  • 円形脱毛症

円形脱毛症とは?

円形脱毛症は、頭皮や顔面など、体の特定部位に円や楕円形の脱毛が生じる疾患です。突然発症することが多く、年齢や性別を問わずに発症する可能性があります。
自己免疫反応が関与しているとされていますが、正確な原因はわかっていません。

円形脱毛症の種類

円形脱毛症には、症状の出方や広がり方によって、次のようなタイプに分けられます。

単発型

最も一般的なタイプで、頭髪に限らず、眉毛や体毛にも円形または楕円形の脱毛斑が現れます。お子様からご高齢の方まで幅広い年齢層に見られ、約80%の方が1年以内に治癒しますが、稀に多発型へ移行することがあります。

多発型

脱毛斑(脱毛している部位)が2つ以上現れるタイプで、完治までに半年から2年程度かかることが多いです。

脱毛斑が結合し拡大する「多発融合型」へ進行する場合もあります。

蛇行型

脱毛斑が細長く、後頭部から側頭部にかけて蛇のように広がるタイプです。治療までに数年かかることがあります。

全頭型

頭部全体に脱毛斑が広がり、最終的に頭髪が完全に抜け落ちるタイプです。治癒が難しく、長期にわたって治療が必要になることが多いです。

汎発(ばんぱつ)型

円形脱毛症の中で最も重度のタイプで、頭髪だけでなく、眉毛、まつ毛、体毛を含む全身の毛が抜け落ちます。全頭型と同様に治療期間が長く、ウィッグをはじめとする対策が必要となることもあります。

円形脱毛症の原因

円形脱毛症の原因は1つではなく、自己免疫反応、遺伝的要素、ストレス、栄養不足などが関連していると考えられています。

こんな症状でお困りではありませんか?

  • 頭皮や顔面に円形の脱毛部が現れた
  • 脱毛部位が時間と共に大きくなっている
  • 脱毛部位の周囲の毛髪が抜けやすくなっている
  • 頭皮以外にも眉毛やひげなどに脱毛が見られる
  • 脱毛部位に白い産毛のような毛が生え始めている
  • 一度は脱毛が治ったが、別の場所で再発した

など

このような症状でお困りでしたら、西宮市の甲子園駅前おおした皮フ科クリニックへご相談ください。

円形脱毛症の検査

円形脱毛症の診断は、主に診察によって行われます。拡大鏡(ダーモスコピー)を使って毛包を詳しく観察することで、症状を詳細に確認します。

自己免疫疾患やアレルギー疾患の合併が疑われる場合には、血液検査を行うこともあります。

円形脱毛症の治療

円形脱毛症の治療方法は、脱毛が始まってからの期間や脱毛の面積など、現れている症状に応じて決定されます。

円形脱毛症の主な治療方法は次の通りです。

外用薬

塩化カルプロニウム

血流を改善し、毛根の活動を促進させる効果があります。

ステロイド外用薬

脱毛部位の炎症を抑え、脱毛の進行を遅らせる効果が期待できます。

内服薬

ステロイド内服薬

全身的な炎症を抑制し、自己免疫反応を調整することで、脱毛の改善を目指します。

セファランチン

血流改善や毛根の活性化に効果があるとされ、脱毛症の治療に用いられることがあります。

ステロイドの局所注射

脱毛部位にステロイドを注射することで、局所的な炎症を抑え、毛髪の再生を促します。特に、限局した脱毛部位に対して効果的な治療方法とされています。

紫外線療法(エキシマライト)

特定の波長の紫外線を使用し、免疫反応を調整することで脱毛症を治療します。炎症を抑制し、毛髪の成長を促す効果が期待されます。

エキシマライトによる紫外線療法

紫外線療法は、特定の波長の紫外線を利用して皮膚の症状を改善する治療方法です。紫外線の免疫抑制作用を利用し、過剰な免疫反応や炎症を抑えることで、様々な皮膚疾患の症状の鎮静化をはかります。

 

治療に使用されるのは、UVB範囲内で特に治療効果が高いとされる308nmの波長領域の紫外線です。アトピー性皮膚炎や尋常性乾癬など、外用薬のみでは改善が難しい皮膚疾患の症状の改善が期待できます。

 

2020年4月からは、円形脱毛症に対する治療としても保険適用が認められています。従来の治療方法で十分な効果が得られなかった場合に、新たな選択肢として注目されています。

WEB予約

お電話

お問い合わせ

Instagram

Twitter